議会報告

令和3年第1回北区議会定例会が閉会しました。

令和3年第1回北区議会定例会は、2月24日(水)に召集開会され、28日間の会期で、3月23日(火)に閉会されました。
また、会期中の3月5日(金)から3月16日(火)にかけて、予算特別委員会が開会されました。

◼︎予算特別委員会

第1回定例会会期中には、3月5日(金)から3月16日(火)まで、予算特別委員会が開催され、「令和3年度北区一般会計予算(案)並びに4特別会計予算(案)」について連日、各会派の特別委員会委員が出席し、審議が行われました。
公明党からは、予算特別委員会副委員長にいながき浩議員が選出されました。
また、予算特別委員会委員には、大島みのる議員、宮島おさむ議員、小田切かずのぶ議員、すどうあきお議員の4議員が選出され、区民の立場に立って活発な議論を行ない、「令和3年度北区一般会計予算(案)並びに4特別会計予算(案)」について賛成しました。

3月16日(火)の公明党の賛成討論は、すどうあきお議員が行いました。

▶︎賛成討論の全文はこちら

◼︎第1回定例会最終日

3月23日(火)の第1回定例会最終日では、小田切かずのぶ議員が予算案の賛成討論及び、共産党議員団などが提出した、「予算案の組み替え動議」について、反対の立場からの討論を行いました。

▶︎予算案の組み替え動議の反対討議の全文はこちら


令和3年第1回北区議会定例会が開会されました。

令和3年北区議会の第1回定例会は、2月24日(水)から3月23日(火)までの28日間の会期で開会されます。

会期の中で、3月5日(金)から3月16日(火)にかけて、令和3年度の予算審査のため特別委員会が設置され、活発な審査もが行われます。
公明党からは、予算特別委員会・副委員長に、いながき浩議員が就任します。
また、委員には 大島みのる議員 宮島おさむ議員 小田切かずのぶ議員 すどう あきお議員の4名、合計5名がのぞみます。

第1回定例会では、各会派からの「代表質問」が2月24日(水)に、個人質問は、翌25日(水)に行われました。
公明党議員団からは24日の「代表質問」に、近藤みつのり議員が登壇しました。
近藤議員は、

①令和3年度予算について
②新型コロナウイルス感染症から区民の命と暮らしを守れ
③ポストコロナ時代の区政の取り組みについて―ピンチをチャンスに
④北区のまちづくりの現状と今後
⑤2025問題が迫る・高齢者施策について
⑥環境問題について
以上の6点について質問し、理事者(区側)の考えをただしました。

2月25日(木)の個人質問は、すどう あきお議員が行いました。
すどう議員は、

①ウイズ・コロナにおける安心・安全のまちづくり
②改正動物愛護管理法と地域猫対策への取り組みについて
以上2点の質問を行いました。

詳細は以下をクリックしてください。

▶︎代表質問   近藤みつのり議員

▶︎個人質問   すどうあきお議員


令和2年第4回北区議会定例会が開会されました。

令和2年第4回北区議会定例会は、11月24日(火)から12月4日(金)まで会期11日間で開会されました。
第4回定例会では各会派から質問がされ、11月24日(火)に代表質問、25日(水)に個人質問が行われました。

公明党議員団からは、代表質問をいながき浩議員が行いました。
いながき浩議員は、

1 ポストコロナ時代を見据えた柔軟で持続可能な行政財政運営の確立について
2 文化・芸術・観光・北区らしさの創造について
3 ウィズコロナ社会に於ける諸課題について
以上、大きく3項目について質問しました。

個人質問は、くまき貞一議員が行いました。
くまき貞一議員は、

1 新型コロナウイルス対策について
2 空き家の有効活用でまちの活性化を
3 地域でささえあい誰も一人にしない社会を
4 田端・西ヶ原地域の諸課題について
以上4項目について質問しました。

詳細は以下をクリックしてください。

▶︎代表質問   いながき浩議員

▶︎個人質問   くまき貞一議員


令和2年第3回北区議会定例会が閉会しました。

令和2年 北区議会第3回定例会は9月14日(月)に開会され、10月9日(金)に閉会しました。

会期は26日間で、この間9月25日(金)から10月6日(火)の日定で決算特別委員会が開催され「令和元年度一般会計歳入歳出決算並びに四特別会計決算」の審議が行われました。

「決算委員会」には公明党から、小田切かずのぶ議員が委員長に選任され、委員には、大島みのる議員、いながき浩議員、宮島おさむ議員、すどうあきお議員の4名、計5名が選出されました。

決算委員会最終日の10月6日には、決算に対する各会派の態度表明が行われ公明党からは、すどう委員が公明党の態度について、賛成の立場から態度表明を行いました。

以下、態度表明の全文です。

▶︎決算特別委員会での賛成討論 すどうあきお議員


令和2年第3回北区議会定例会が開会されました。

令和2年の北区議会、第3回定例会が、9月14日(月)から10月9日(金)までの26日間の会期で開会されました。
9月14日(月)の公明党の代表質問は、小田切かずのぶ議員が行いました。

代表質問で小田切議員は

1 コロナ禍における持続可能な行財政運営について
2 区民サービス向上のためデジタル化の着実な推進を
3 より実効性のある災害対策を求める
4 コミュニティバスを含めた地域公共交通の拡充を
5 子育て支援拡充のため、新生児への特別給付金支給を求める
6 新型コロナウイルス感染症対策の強化について
以上6項目にわたり質問しました。

翌、月15日(火)の個人質問は、公明党から、すどうあきお議員が質問しました。
すどう議員は

1 新しい生活様式における災害対策について
2 感染症対策や熱中症対策として今後、備えるべき事について
以上、大きく2点について具体的に質問しました。

各議員の質問、および理事者の(区側)の答弁は以下の通りです。

▶︎代表質問   小田切かずのぶ議員

▶︎個人質問   すどうあきお議員


令和2年北区議会第2回定例会が閉会しました。

令和2年北区議会第2回定例会が閉会しました。
令和2年北区議会の第2回定例会は、6月5日に開会され、6月17日迄の会期13日で行われました。
会期初日には代表質問が行われ、公明党議員団から古田しのぶ議員が質問しました。
また、個人質問は6月8日(月)に行われ、くまき貞一議員が質問しました。

古田議員は代表質問で、①区民生活を守り支えるためのコロナ禍対応をとして ㈠ 区の対応の検証と今後に向けて ㈡ 感染拡大を防ぎ、地域の命を守るために。㈢ 感染症による影響から区民の暮らしを支え、守りきり、前を向くために。と質問、②コロナ禍に負けない、未来をになう人づくりについて
以上大きく2点について質問し、理事者(区側)の考えをただしました。

6月8日の個人質問では、くまき貞一議員が以下4点を質問しました。
①マイナンバーカードの活用・普及について ②フードドライブの常設について ③視覚障がい者の歩行の安全確保について ④田端・西ヶ原地域の諸課題について

詳細は、以下をクリックして下さい。

▶︎ 代表質問   古田しのぶ議員

▶︎ 個人質問   くまき貞一議員


令和2年北区議会第1回定例会が閉会しました。

東京都北区議会の令和2年第1回定例会は、会期29日間の予定で2月25日に開会し、3月24日に閉会しました。
この間、3月5日から3月16日までの12日間「令和2年度北区一般会計予算並びに三特別会計予算案」について予算委員会が開会されました。

公明党議員団からは以下の議員が委員として活発な質疑を行いました。
予算委員会・副委員長  坂口勝也議員
委員  青木博子議員  近藤光則議員  いながき浩議員  くまき貞一議員

本会議最終日には、各会派からの討論が行われましたが、公明党からは代表して、くまき貞一議員が「賛成討論」を行いました。

討論の中で、くまき議員は
日本共産党北区議員団が「第23号議案 令和2年度東京都北区一般会計予算」及び「第24号議案 令和2年度東京都北区国民健康保険事業会計予算」の組み替えを求める動議に反対する立場から討論しました。

以下、熊木貞一議員の討論の全文を載せます。

▶︎予算特別委員会での賛成討論 くまき貞一議員


令和2年第1回北区議会定例会が開会されました。

令和2年北区議会の第1回定例会は、2月25日(火)から3月24日(火)までの29日間の会期で開会されました。
会期の中で、3月5日(木)から3月16日(月)にかけて、令和2年の予算特別委員会の審査も行われました。

第1回定例会では、各会派からの「代表質問」が2月25日(火)に、個人質問は翌、26日(水)に行われました。
公明党議員団からは25日の「代表質問」に、近藤みつのり議員が登壇しました。

近藤議員は、①新年度予算について ②SDGsの取り組みとsociety5.0の推進について ③都市ブランドの更な流推進について ④まちづくりについて ⑤教育・子育について 以上の5点について質問し、理事者(区側)の考えをただしました。

2月26日(水)の個人質問は、青木博子議員と、すどうあきお議員が行いました。
青木議員は、安心と活力に満ちた北区を目指して ①観光振興でイメージアップを ②学校に性の多様性の理解を深めるみんなのトイレ設置について ③チルドレンファースト社会のために ④地域防災力向上へ自主防災組織支援マニュアルの整備について ⑤日常生活用具の購入費用助成について 以上5点の質問をしました。

すどう議員は、①東京2020オリンピック・パラリンピックの北区における諸課題の対応について ②小学校のプログラミング教育導入における取組と展望について ③宅配ボックス設置への助成金制度の創設について ④地域課題について 以上4点の質問を行いました。

詳細は、以下をクリックして下さい。

▶︎代表質問   近藤みつのり議員

▶︎個人質問   青木博子議員

▶︎個人質問   すどうあきお議員


令和元年第4回定例会が開会されました。

令和元年第4回北区議会定例会が、11月26日(火)から12月6日(金)まで会期11日間で開会されました。
第4回定例会では各会派から質問がされ、11月26日(火)に代表質問、27日(水)に個人質問が行われました。
公明党議員団からは、代表質問を宮島おさむ議員が行います。

宮島おさむ議員は、
①大規模水害や土砂災害に対する避難対策について
②「子育てするなら北区が一番」妊娠、出産から子育てまでについて
③狭あい道路拡幅に伴う電柱移設の補助について
④シティプロモーションについて
以上4項目について質問しました。

個人質問は、くまき貞一議員が行います。
くまき貞一議員は、
①自転車対策について
②学校における社会教育について
③地域における見守り支援事業について
④災害時における電源確保について
以上4項目について質問します。
詳細は以下をクリックしてください。

▶︎代表質問   宮島おさむ議員

▶︎個人質問   くまき貞一議員


令和元年第3回北区議会定例会が閉会しました。
 決算委員会での態度表明(10.1)

令和元年第2回定例会は9月9日に開会され10月4日に閉会しました。会期26日間で、この間9月19日から10月1日の予定で「平成30年度一般会計歳入歳出決算並びに四特別会計決算」の審議が行われました。

「決算委員会」には公明党から、いながき浩議員が委員長に選任され、委員には青木ひろ子議員、近藤みつのり議員、坂口かつや議員、くまき貞一議員の4名、計5名が選出されました。

決算委員会最終日の10月1日には、決算に対する各会派の態度表明が行われ公明党からは、くまき委員が公明党の態度について報告されました。
以下、態度表明の全文です。

▶︎決算委員会での賛成討論 くまき貞一議員


令和元年第3回北区議会定例会が開会されました。(9.9)

北区議会の第3回定例会が、9月9日から10月4日までの26日間の会期で開催されています。

初日の9月9日(月)の代表質問は、大島みのる議員が行いました。
代表質問で大島議員は
 1、“住めば北区・東京”選ばれる「まち」になるために
 2、「人生100年時代」の高齢者施策のあり方について
 3、安心・快適な地域コミュニティの推進のために
以上3項目にわたって質問しました。

翌9月10日(火)には、個人質問が行われ、公明党からは坂口かつや議員と、すどうあきお議員の2名が質問しました。
坂口議員は
 1、いつまでも安心して住み続けられる北区を
 2、ICT等活用で区民の利便性向上を
 3、ひきこもり支援について
 4、災害対策について
以上の4項目を質問しました。

すどう議員は
 1、防災対策の向上について
 2、地域猫対策、本格的な連絡協議会の設置を目指して
 3、地域課題について
以上の3点を質問しました。

各議員の質問および、理事者(区側)の答弁は以下の通りです。

▶︎代表質問   大島みのる議員

▶︎個人質問   坂口かつや議員

▶︎個人質問   すどうあきお議員


令和元年第2回北区議会定例会が開会されました。(6.19)

令和に入って初めての北区議会定例会が、6月19日(水)から6月28日(金)まで会期10日間で開会されました。
6月19日(水)には、いながき浩議員が代表質問を行いました。
いながき議員は
1、安定した持続可能な行財政運営について 2、「誰もが生き生きと活躍し、希望が溢れる」まちづくりの実現について 3、新時代令和に相応しい「教育先進都市北区」を目指して
以上について質問しました。

翌20日(木)は、今回初当選を飾った、すどうあきお議員と、くまき貞一議員の2名の新人議員さんが初質問となる個人質問を行いました。
すどう議員は
1、東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーについて  2、高齢社会においての対策について  3、地域課題について
以上の質問を行いました。
くまき議員は
1、 豊かな幸齢社会を目指して 2、子育てしやすい環境作りについて 3、田端、西ヶ原地域の諸課題について
以上を質問しました。

各議員の質問の詳細は以下の通りです。

▶︎代表質問   いながき浩議員

▶︎個人質問   すどうあきお議員

▶︎個人質問   くまき貞一議員


平成31年第1回北区議会定例会が閉会しました。(3.22)

平成31年第1回北区議会定例会は、2月26日(火)に召集、25日間の会期で開会され3月22日(金)に閉会されました。
初日の2月26日には代表質問を近藤みつのり議員が行いました。
また、会期中の3月7日から3月14日にかけて、決算特別委員会が開会されました。

◼︎予算特別委員会

第1回定例会会期中には、3月7日(木)から3月14日(木)まで、予算特別委員会が開催され、「平成31年度北区一般会計予算(案)並びに4特別会計(案)」について、連日、各会派の特別委員会委員が出席し審議が行われました。
公明党からは、決算特別委員会副委員長に小田切かずのぶ議員が選出されました。
また、決算特別委員会委員には、土屋さとし議員、大島みのる議員、近藤みつのり議員、宮島おさむ議員の4議員が選出され、区民の立場に立って活発な議論を行ない、「平成31年度北区一般会計予算(案)並びに4特別会計(案)」について賛成しました。 公明党の賛成討論は土屋さとし議員が行いました。

決算委員会での賛成討論 土屋さとし議員

土屋さとし

賛成討論の全文はこちら


平成31年第1回定例会が開会されました。(2.26)

平成31年第1回定例会は、2月26日(火)から3月22日(金)までの25日間の会期で開会されました。
第1回定例会では、各会派からの「代表質問」が2月26日(火)に行われました。
公明党議員団からは26日の「代表質問」に、近藤みつのり議員が登壇しました。
近藤議員は、①新年度予算について②赤羽、王子のまちづくりについて③子育て・長生きするなら北区が一番について④バリアフリーについて⑤改元に伴う10連休中の保育・医療・行政サービスについて⑥区長のトップダウンによる組織改編をの6点について質問し、理事者(区側)の考えをただしました。

近藤議員の代表質問の詳細は以下の通りです。

▶︎代表質問   近藤みつのり議員

◼︎予算特別委員会

第1回定例会会期中には、3月7日(木)から3月14日(木)まで、予算特別委員会が開催され、「平成31年度北区一般会計予算(案)並びに4特別会計(案)」について、連日、各会派の特別委員会委員が出席し審議が行われます。
公明党からは、副委員長に小田切かずのぶ議員が選出され、予算特別委員会には、土屋さとし議員、大島みのる議員、近藤みつのり議員、宮島おさむ議員が選出され、区民の立場に立って議論を行います。


平成30年までの議会報告 »